太陽で発電

屋根のリフォームをお考えなら、オール電化住宅へのリフォームはどうでしょうか。
最近ではエコへの関心も高まり、太陽光発電を利用してオール電化住宅にする人が増えてきています。
オール電化にしなくても自宅の屋根の上に太陽光発電のパネルを載せて太陽光発電を利用するのも多くなっています。
震災以降エコへの取り組みは事業所だけでなく個人へも大きく広がってきています。
屋根のリフォームをお考えなら太陽光発電の設置も検討してみませんか。

太陽光発電とは
それでは、太陽光発電とはどのようなものでメリットデメリットはないのか考えてみましょう。
太陽光発電とはその言葉通り太陽の熱を利用した発電システムです。
メリットとしては「電気代ガス代の節約」「環境にやさしい」「非常用電源になる」「余剰電力を売れる」そして、デメリットとしては「発電量が天候に左右される」「設置費用がかかる」などがあります。
しかし、ソーラーパネルの価格は下がり性能もアップしているので試算してみるとまだまだ経済的にもお得かもしれません。

日光で発電

ソーラーパネルの設置を決めたら、業者選びがポイントになってきます。
選ぶときのポイントとして「メーカー施工資格を持ち施工実績は十分か」「見積もり価格、施工価格は適正か」「自宅にぴったりのソーラーパネルを設置してくれるか」などです。
価格が安いからと頼んでしまって後から工事代金を請求されたり、屋根によってパネルの枚数や大きさが変わってくるのでそれを見極めてくれるのか。
施工前に必ず現地を見て見積もりや相談に乗ってくれるところが良いでしょう。
一括サイトなどを利用して複数の業者から見積もりを出してもらい納得のいく業者にお願いできると良いですね。

省エネの必要性
東日本大震災以降の日本では、原子力発電所の安全性について国民の厳しい目が寄せられていることなどから、原子力発電所の運転が厳しい状況が続いています。
実際に電力不足から計画停電が行われるなど、電力状況が厳しく、新たな電力源の開発と省エネルギー対策が必要とされています。
これらのことから、自然エネルギーに注目が集まっており、特に太陽光を利用したエネルギーについては、政府の施策などにも組み込まれ、幅広い普及が進んでいます。

ガスコンロ

太陽光を利用した太陽光発電については、通常はソーラーパネルなどを利用して発電を行うことになりますが、近年の技術革新などによって、発電効率の良いソーラーパネルなどが販売されています。
さらに、余剰電力については電力会社の買取制度があることから、昼間の電力は余剰電力として電力会社に販売し、夜は安い夜間電力を利用することで、省エネルギー生活を送る以外にも、経済的にも大変有益な電力利用システムとなっています。

省エネ住宅の建築
太陽光発電を最大限利用するためには、オール電化住宅にする必要があります。
特に台所や浴室などの大量の電力を消費する場所はリフォームなどによって電化する必要があります。
リフォームを行う場合には、熱源を利用する場所については電化することになりますが、同時に太陽光パネルの設置についてもリフォームと同時に行うことでお得に設置することが出来ます。
また、中古住宅を購入した後にリフォームによってオール電化にすることで、安く省エネ住宅を購入することもできます。
最近では省エネ住宅専門のリフォーム会社も存在しており、省エネ住宅は大変注目を集めています。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930